• HOME
  • 相続・離婚による不動産売却

札幌市白石区の不動産会社スリーアールは、不動産相続や空き家問題、離婚の財産分与も不動産売却で解決可能です。
相続物件や空き家を長年放置していると、維持費や税金といったランニングコストがかかります。
また、資産価値も低下し、事故や犯罪のリスクも上がるで可能性があります。
相続や空き家、離婚の財産分与による不動産売却は当社にご相談ください。 

相続財産の不動産売却

「相続した不動産が遠方で管理ができない」「長年空き家になっている」など、不動産相続でお悩みのお客様は、スリーアールにぜひご相談ください。

スリーアールならではの特長

相続診断士の資格がある

相続診断士の資格がある

当社スタッフは相続診断士の資格を持ち、一般的な不動産会社の担当者より相続に関する知識と経験があります。不動産売却時の税金だけでなく、相続を相対的に捉え、売却時期やお得になる財産の分配方法などを判断し、アドバイスすることが可能です。単に査定して売却するのではなく、お客様のメリットになる売却をご提案しますので、安心してご相談いただけます。

司法書士などの手続きがスムーズ

司法書士などの手続きがスムーズ

当社は早い段階で司法書士などの専門職へ、必要な手続きを依頼することが可能です。早めに依頼することで、さまざまな機会損失がなくなり、相続人である売り主様のメリットも増えます。「相続した不動産をどうしたらいいか迷っている」などのお悩みもお手伝いできます。一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

こんなお悩みはありませんか?

  • 相続した不動産をどうしたらいいか悩んでいる
  • 親が施設に入居し、実家が空き家になっている
  • 県外にある相続物件の管理に手間がかかる
  • 遠方にある相続した土地を放置している
  • 相続した家の取り壊しもできず、長年空き家になっている
  • 親名義の家や土地を売却して現金化したい
  • 空き家や空き地をどう管理すればいいかわからない
  • 所有する土地の活用方法を知りたい
  • 相続した投資物件に空室が増え、管理が難しい
  • 固定資産税の負担が大きいので不動産を売却したい

最近は「相続した家や土地の管理ができない」「相続前だが、親が施設に入居し実家が空き家状態になってしまい、管理に困っている」といったお悩みもお客様からいただきます。不動産を放置しているとさまざまなリスクがあり、深刻な問題に発展するケースも。そうした事態を避けるために、どのようなリスクがあるのかご理解の上、不動産売却や活用をお考えください。

空き家を放置した場合の
さまざまなリスク

空き家状態で放置は、以下のようにさまざまなリスクがあります。空き家を放置することはデメリット以外の何物でもありません。

税金などの維持費がかかる

不動産は所有しているだけで税金などの維持費がかかります。毎年支払う固定資産税は不動産評価額の1.4%が課税対象です。電気や水道が使用できる状態なら、毎月の基本料金は請求されます。

資産価値が低下する

建物は経年劣化により年数に応じて資産価値が下がっていきます。人が住んでいない空き家は換気が悪く、手入れも行き届かないため、劣化が早まります。

管理の手間や負担が大きい

空き家を管理するには定期的に家の中を掃除したり、庭の草木をせん定したりするなど手間がかかります。管理を代行してくれるサービスは利用料が必要で、経済的な負担が大きくなります。

事故や犯罪に巻き込まれるリスク

事故や犯罪に巻き込まれるリスク

建物の経年劣化が進めば、倒壊する危険性も高くなります。例えば、剝がれ落ちた瓦屋根が、近くを歩いていた通行人に当たってケガをさせれば、建物の所有者が責任を問われます。他にも庭木が隣家を越境していたり、雑草や害虫の被害が出たりするご近所トラブルのリスクもあるでしょう。

さらに空き家に不審者が不法侵入したり、庭にゴミが不法投棄されたり、最悪の場合は放火されてしまうケースも考えられ、犯罪被害に遭うリスクも高まります。

相続不動産を売却した事例

相続した不動産の売却と
速やかな相続手続きを
サポートしたケース

相続した不動産の売却と速やかな相続手続きをサポートしたケース

長年事業をされていたお父様が亡くなられ、数年前に新築した住宅を利用しないため、ご家族が売却を希望された事例。売却査定のご相談時に、相続人の人数や相続財産の概算と内訳、相続されるかどうかの相続人の意向や、遺産分割協議書の作成の有無を確認したうえで、司法書士や税理士をご紹介させていただきました。

その際に相続税の計算方法や控除額の算定方法をお伝えし、相続を放棄される場合は遺産分割協議書を作成して行う方が、得策であることなどをアドバイスしております。お客様は現金預金や証券、債務などをすべて合わせた相続額の計算方法が理解できて、大変助かったと感謝されました。

また、お客様ご自身で不動産相続の手続きを司法書士や弁護士に相談するのはハードルが高いものです。当社では相談料不要で専門職の方にご紹介ができるため、何でも相談できたと喜ばれました。

相続財産のトラブルを
解決して売却できたケース

相続財産のトラブルを解決して売却できたケース

相続人同士で一方的に相続財産を振り分けられ、困っているというお客様からご相談を受けた事例。当社で弁護士法に抵触しない範囲でヒアリングを行い、弁護士をご紹介しました。当社から事前に、客観的な現状を伝えているため、担当弁護士の理解も深く、早急に正しい相続財産の分配について、相手方と話をすることができました。「安心して不動産売却ができた」というお喜びの声をいただいています。

離婚の財産分与による不動産売却

3組に1組が離婚すると言われる現在、離婚時の財産分与は珍しい話ではありません。自宅の所有者を誰にするか、誰が住むのか、住宅ローンの名義や支払いは誰にするかなど、先々のことも考える必要があります。現金や有価証券とは違い、不動産は簡単に分けられず、住宅ローンが残っていればさらに複雑です。離婚時の財産分与でお困りの方はスリーアールにご相談ください。

離婚時の財産分与の基本と方法

離婚時の財産分与の基本と方法

夫婦で築いた財産は財産分与ですべて公平に分けるのが基本です。結婚前にそれぞれが所有していた財産は分与の対象ではありませんが、結婚後に購入した財産がどちらかの名義であっても、夫婦共有の財産とみなされます。また、財産分与は夫が働き、妻が専業主婦でも、それぞれ2分の1を請求する権利があるのです。

家や土地などの不動産の財産分与は、売却して収益を分配する、賃貸物件として賃料収入を分ける、夫婦どちらかが譲り受ける、またはどちらかが離婚後も住み続けるなどの方法が挙げられます。

当社では主に以下の2つの方法をご提案しています。

  • 家を売却して現金化する
  • 家は残し、資産価値の半分をキャッシュバックする

どちらにしても共有財産である不動産の資産価値は、どのくらいあるのか確認しておくことが必要です。

共同名義の物件の場合

共同名義の物件の場合

夫婦共働きが多い今、結婚後に購入した不動産を共同名義にしているケースも見られますが、離婚後はさまざまなトラブルにつながります。住宅ローンを滞納していると、金融機関は離婚後も連帯保証人や連帯債務者の名義を簡単に変更してくれません。住宅ローンに関しては夫婦どちらかの名義であっても、一方が連帯保証人であれば、離婚後も請求が来ます。

また、共同名義の物件は将来、売却したり、相続したりする際に問題が起きるおそれがあります。共同名義の物件を売却するには、名義人全員の同意や署名が必要で、どちらかが亡くなると相続の手続きも必要になるためです。このようなトラブルを避けるためにも、共同名義の物件は離婚のタイミングで売却することをおすすめします。

札幌市白石区で相続・離婚による
不動産売却でお悩みの方は
スリーアールへ!

札幌市白石区で相続・離婚による不動産売却でお悩みの方はスリーアールへ!

最近、相続や離婚による不動産売却のご相談が増えています。不動産を相続したが、どう管理すればいいか、親が老人ホームに入居し、実家が空き家になっている、相続した県外の不動産を管理できない、離婚の際の財産分与をどうすればよいかなど、お悩みは人それぞれ。当社はお客様のお考えやご希望をもとに、本当に価値のあるご提案をいたします。相続や離婚による不動産売却はスリーアールにご相談ください。

ご相談・査定依頼・
お問い合わせ