相続した空き家は売却?賃貸?どっちがおすすめ


相続した不動産を空き家のまま放置していませんか?

親や親族から相続した不動産、遠方にあるからといって、とくになんの活動もせず放置している方はいませんか?放置された空き家は年々劣化していき、近隣へ何らかの損害を与えるようになってしまったりして行政から解体してほしいと依頼が来てしまうこともあります。建物がある時は、劣化が進行しすぎて解体をする以外に方法がなくなってしまうこともあります。
土地の場合、草ボーボーの荒れ地になり、不当投棄のゴミが捨てられたりしてしまうこともあります。
そんな放置不動産がある時は、売却ができるのか?賃貸として貸し出すことで収入を得ることができないか?を考えてみるのをおすすめします。

相続した不動産を売却する場合

最も標準的なのが、相続をしたあとにすぐに売却活動を行うことです。
相続税や不動産売却における譲渡税などは色々な軽減の特例があるため、まずどのような特例が利用できるかを調べてみるのが大事です。

例えば、相続後、一定の期間内に不動産を売却することで、節税ができる制度があります。
不動産を相続した際、相続税の申告期限の翌日以後3年を経過する日までに売却すると譲渡所得税が節税になる特例があります。通称「相続税の取得費加算」と呼ばれる制度です

これとは別に空き家譲渡の3000万円特別控除という特例もありますが、両方を重複して利用することができないため、自身にとってどの特例が最も節税効果があるかを選択しなくてはなりません。

税務署に確認をするのも良いですし、査定を依頼する不動産会社に確認してみるのも良いでしょう。
相続について詳しい不動産会社や担当者を探すには、ホームページやスタッフ紹介ページなどを見て相続診断士などの資格者がいる会社を選ぶとよいです。

相続した空き家を貸家(貸土地)として賃料収入を得る

実は売却をするという選択肢とは別に、貸家として賃貸で収入を得るという、不動産投資の道を選択することも可能です。建物がまだまだ使える状態で、賃貸市場に出せる状態であれば、すぐに売却をするよりも賃貸物件として家賃収入を得て、限界が来た頃に売却する、といった出口戦略までを考えることができる場合があります。

ただ、一度でも賃貸物件として使用してしまうと、上記の節税の特例が利用できなくなる場合がありますので、軽い気持ちで1、2年貸出して家賃を得てから売却しよう、という短期的な投資では、逆にマイナスになってしまう場合もありますのでご注意下さい。

投資家としての第1歩をスタートするのに、相続した不動産があるのは非常に有利となります。
本来、よほどの額を現金でお持ちの場合以外、銀行から借り入れをして、めぼしい不動産を購入し、投資家としてスタートしなくてはならず、借入なしで不動産を持てるのは相続ならではのメリットと言えます。

いずれにせよ、放置→維持管理へ変更することが大事です

売るにしても、貸すにしても、その不動産の質が落ちていくのを防ぐことが非常に重要です。
すぐに売却をする気はない、どうすればよいかじっくり考える、そんな時は最寄りの不動産会社に空き家(空き地)の管理を委託することも検討しましょう。
建物は特に、定期的な点検、換気、通水などを行うことで劣化の速度を一気に遅くすることが出来ます。
ご両親や祖先が残してくれた大切な不動産を負動産にせず、想いを引き継ぎ、自らの為にどの方向性が最も益があるかを考えてみることが大事です。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ