築20年一戸建てを売却したい!札幌市では難しい?

築20年一戸建てを売却したい!札幌市では難しい?

年を重ねるとともに、ライフスタイルや環境は変化していきます。
いざ物件の売却が必要になったとき、思い出のつまった大切な住まいは気持ちよく売却したいものです。
そこで、築20年一戸建ての売却価格と売れにくい理由、売却を成功させる方法をご紹介します。
札幌市近隣で売却を検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

築20年一戸建ての売却価格は?なぜ売れにくい?

築20年の木造住宅の価格は、新築時の20%以下です。
築20年以上の一戸建ては、特に売れにくいともいわれますが、その理由は「法定耐用年数」を基準に物件が評価され、購入にあたっては「住宅ローン控除」が使えないためです。
順番にご説明します。

法定耐用年数とは

税法上の減価償却が可能な期間を表した年数です。
以下のとおり物件の構造によって異なります。

  • 木造モルタル造(20年)
  • 木造(22年)
  • 軽量鉄骨造(19年)
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造(47年)

以上のように、築20年が耐用年数の目安となっているため、木造住宅は20年過ぎると売れないともいわれています。

住宅ローンの制限

審査には物件の築年数も関係するため、耐久性の問題から古い物件は借入期間に制限がかかることがあります。
また築20年以上の木造一戸建てでは、「住宅ローン控除」が使えません。
築20年一戸建てを売るのが難しい理由は、法定耐用年数から耐久性が問題視され、住宅ローン控除も使えないためです。

こちらの記事も読まれています|不動産が売れない原因を知って対策を立てよう!売却への成功ポイントを解説

\お気軽にご相談ください!/

築20年一戸建ての売却を成功するには?

売却にあたっての問題点と、売却を成功させる方法をご説明します。

売却にあたっての問題点

経年劣化による耐久性の問題
法定耐用年数を住宅の寿命と同一視し、耐久性が問題視されるのですが、経年劣化の具合は住み方によっても大きく異なります。
築20年の一戸建てだから売れないと一概にあきらめる必要はありません。
過疎化の問題
学校の廃校、スーパーの撤退などが過疎化のひきがねとなります。
物件の立地が売却の成否にかかわることに注意しておきましょう。

築20年一戸建ての売却を成功させる方法

信頼できる不動産会社を探す
売却実績のある専任担当者がつく不動産会社であることが大切です。
しっかり相談にのってくれるかは信頼につながり、売却取引の満足度が大きく変わります。
弊社は代表者自らが責任をもって対応いたしますのでご安心ください。
物件の魅力をつたえる
経年劣化による耐久性の問題に負けない物件の魅力として、日当たり、間取り、治安、立地、住環境などを伝えましょう。
購入希望者は必ずしも築年数だけで物件を選ぶわけではありません。
学校や病院、スーパーなどが近くにあるか、という立地環境も重要です。
売却を成功させるために、耐久性の問題に負けない物件の魅力をアピールしましょう。

買取も検討しましょう

売却のタイミングで購入希望者があらわれるかは運にも左右されるため、いつまでも売却できない可能性もあります。
急いで売却したい場合には、買取という方法があります。
不動産会社が購入するため、購入希望者を待たずに売却できます。
期日まで余裕がない、購入希望者が見つからない時には買取も検討しましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産が売れない原因を知って対策を立てよう!売却への成功ポイントを解説

まとめ

今回は、築20年一戸建ての売却について売れにくい理由、売却を成功させる方法をご紹介しました。
どうしても売却が難しい場合は、買取の検討をおすすめします。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ