不動産売却で残置物の処分に困ったら「不動産買取」がおすすめ!

不動産売却で残置物の処分に困ったら「不動産買取」がおすすめ!

相続により不動産を取得したけれど、そこに住む予定はない…という方は札幌周辺にも多いようです。
そこで、空き家の管理は大変そうだから売ってしまおう!
と思っても、売却するのに家にある家具などの残置物の処分はどうしたら良いの?!
と、お困りの方に解決方法をご説明します!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に厄介な「残置物」とは?誰が処分するの?

まず、残置物とはなんでしょうか

残置物とは、不動産物件に居住していた方が退去の際に残していった私物(家具・生活用品・付帯設備などの動産)のことです。
具体的には、家具家電・衣類・布団・食器類・エアコン・照明器具など、取り外しができて動かすことができるものです。

では、残置物は誰が処分するのでしょうか

一般的な不動産売却の取引では、売主側が物件の引き渡し時までに残置物を処分するのが原則です。
ただし、不動産売却取引においてエアコンや照明器具などの付帯設備が残っている旨を告知して、取り決めをしておけば残しておくことも可能です。
しかし、これには売主と買主の双方が合意する必要がある上、残しておく約束のものをうっかり処分してしまったりなどのトラブルも多いようです。

こちらの記事も読まれています|札幌市や北広島市・江別市で住みながら不動産売却は可能?メリットと注意点を解説

\お気軽にご相談ください!/

いざ不動産売却!残置物の処分方法は?そのまま売る方法は?

相続した不動産売却を進める時にまず分けて考えたいのは、遺品と残置物です。
遺品には金銭的な価値で評価できるものだけではなく、遺族にとって大切な思い出の品が含まれています。
まずは遺品の整理をおこない、処分するものと相続をおこなうものを仕分け、金銭的な価値があるものは相続対象の遺産となります。

残置物の処分方法

処分センターへ持ち込む
残置物が多い場合や大型家具などは、処分センターに搬入して有料で引き取ってもらえますが、運び出しは大変です。
リサイクルショップへ持ち込む
費用はかからず価値のあるものは現金化できますが、時間と手間がかかる上、持ち込んだもの全てを買い取ってもらえるわけではありません。
残置物撤去業者に依頼する
時間と手間はかかりませんが費用はかかります。
業者によって費用の差が大きいため、複数の業者に見積もりを依頼し、なるべく残置物を減らしてから依頼することをおすすめします。

残置物をそのままにして売る方法

不動産会社に買い取りを依頼する
不動産売却は、不動産会社に売却を依頼し買主を探してもらう「仲介」が一般的ですが、その場合は先に述べたように売主側が引き渡しまでに残置物を処分するのが原則です。
一方、不動産会社が直接その不動産を買い取る「不動産買取」であれば残置物を撤去していない状態でも買い取りが可能です。
不動産買取のデメリットとしては処分費用などが差し引かれるため買い取り価格が低くなることですが、時間も手間も費用も抑えられるので効率よく売る方法と考えられます。

こちらの記事も読まれています|札幌市や北広島市・江別市で住みながら不動産売却は可能?メリットと注意点を解説

まとめ

相続によって遠方に取得した不動産に残置物が残っている方は、不動産買取を検討してみてはいかがでしょうか。
事前に遺品を整理し、思い出は忘れず持ち出しましょう。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ