任意売却後の残債はどうしたらいいの?返済義務はあるの?

任意売却後の残債はどうしたらいいの?返済義務はあるの?

住宅ローンを残したままで売却をする「任意売却」をした場合、残ったローンはどうしたら良いのでしょうか?
今回は、任意売却後の残債に返済義務はあるのか、そして負担を減らす方法について解説します。
任意売却を考えている方はこの記事で正しい知識を持って売却をおこなってください。

\お気軽にご相談ください!/

任意売却後における残債に返済義務はあるの?

残債とは、不動産を売却したあとに残った借金のことです。
経済的に苦しくなりローンの返済ができなくなった方や、離婚により家を手放すことになった方などは、ローンを残したまま売却するケースもあるでしょう。
金融機関などの債権者に許可を得てローンを残したまま売却することを任意売却といい、それにより売却額をローン返済にあてることが可能です。
しかしここで注意が必要なのが、ローンが一括返済ができるわけではないということです。
任意売却をしても売却額がローン残債よりも下回っていた場合には、返済義務が生じるため、残ったローンは引き続き支払わなければいけません。
さらに、連帯保証人がいる場合は連帯保証人にも支払い義務が生じ、場合によっては連帯保証人の不動産なども差し押さえられるかもしれないので、注意が必要です。
しかし、売却後には無理のない返済の交渉が可能で、売却前よりも返済額を減らせて負担が軽くなるので、金銭面で困っている方は助かることでしょう。
また、売却する時期を自分で決められることや通常の売却価格で売れる可能性があるなど、メリットもあるのでしっかり正しい知識を持って進めると良いでしょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却!「確定申告が不要な方」「税金が戻る方」実は多いのです!

\お気軽にご相談ください!/

任意売却後の残債を返済するときの交渉について

任意売却後は、債権者に対して返済についての交渉をおこなうことができます。

交渉によって月々の返済額を減らすことが可能

月々の返済額を減らすためには、生活状況表を参考に債権者と話し合いの上で決めることになります。
毎月の支払額は、5,000円~3万円程を目安に考えておくと良いでしょう。
しかし、債権者によっては応じてもらえないこともあるので、必ずしも返済額を減らせるとは限らないことを理解しておきましょう。

交渉によって残債を減らすことが可能

債権者との交渉で残債を減らすことはできませんが、弁護士を通して自己破産などをすれば残債を減らすことができます。
また、債権者がサービサー(債権回収会社)に債権譲渡されることもあり、その場合はサービサーに交渉しましょう。

売却時の費用を減らすことが可能

債権者と交渉することで、場合によっては引っ越し費用を捻出できるかもしれません。
生活状況が苦しい方にとって引っ越し費用が捻出できるのは大きなポイントといえるでしょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却!「確定申告が不要な方」「税金が戻る方」実は多いのです!

まとめ

さまざまな事情から、任意売却を検討する方は少なくないでしょう。
しかし任意売却をしても、残債がすべてなくなるわけではありません。
誤った知識によって大変な思いをしないためにも、しっかりと正しい知識を持ってスムーズな売却を進めてください。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ