遠方にある不動産を売却する方法はある?売却の一連の流れをご紹介!

遠方にある不動産を売却する方法はある?売却の一連の流れをご紹介!

相続した物件が遠方にあったり、高齢者住宅への移住により実家が空き家になってしまった場合など、遠方にある不動産を売却することは珍しくありません。
仕事が忙しく、何度も現地に出向くのが難しい場合でも、売却する方法はあるのでしょうか。
今回は、札幌市全域、江別市、北広島市、恵庭市にある不動産を遠方から売却したいとお考えの方に向けて、売却の方法と流れをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却は遠方からできる?遠方から売却する方法

相続などで所有している不動産が空き家になっている場合、売却をせずに放置していると維持費や税金がかかってしまいます。
不動産が遠方にある場合は、売却したいと思っても、どうしても後回しになってしまいますよね。
現地に行く時間が取れない場合でも売却できる、以下の3つの方法をご紹介します

契約書の持ち回り契約

郵送によって契約書をやりとりし、売買契約をおこなう方法です。
法律でも認められている方法で、一般的にもっとも利用されています。

親族または知人に代理人を依頼する方法

委任状を作成して配偶者や親戚、友人などに代理人を依頼し、売買契約に立ち会ってもらう方法です。
不動産売却によるトラブルを回避するためには、信頼できる方を代理人に選ぶ必要があります。

司法書士に代理人を依頼する方法

代理人は、司法書士に依頼することもできます。
司法書士は法律の専門家ですのでトラブルのリスクは少ないですが、依頼のための費用が発生します。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

遠方にある不動産を売却するときの一連の流れとは?

次に、遠方にある不動産を売却するときの流れをご紹介します。
まずは不動産を査定に出し、同時に売却方法の相談をします。
売却の方針がある程度決まったら、仲介を依頼する不動産会社と媒介契約を締結します。
次に売却活動ですが、遠方の場合は活動の状況が把握しにくいところが注意点です。
そのため、媒介契約を結ぶ場合は、売却活動の報告義務がある専任系の媒介契約を選ぶのがおすすめです。
内見などを経て購入希望者と交渉がまとまったら、売買契約に進みます。
このように一連の流れは、通常の不動産売却と変わりありませんが、遠方にある場合はやはり手間や時間がかかります。
現地に出向かなくても売却できる方法はありますが、売却準備・売買契約・引き渡しのタイミングでいずれか1回は現地に行くと、売却がスムーズに進められます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は、札幌市全域、江別市、北広島市、恵庭市にある不動産を遠方から売却したいとお考えの方に向けて、売却の方法と流れをご紹介しました。
遠方にある不動産でも、工夫をすれば現地に何度も出向かなくても、スムーズに売却ができます。
しかし遠方であるがゆえに売却活動が長引くこともありますので、計画的に売却を実施しましょう。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ