離婚による不動産売却!損をしないために気を付けたい3つの注意点!

離婚による不動産売却!損をしないために気を付けたい3つの注意点!

今回は離婚を理由に不動産売却を検討している方に向けて、財産分与で損をしないための注意点をまとめました。
不動産売却には段取りとタイミングがとても大切です。
勢いにまかせず、慎重に行動することで、その先にある新しい生活をより充実したものにしましょう。

\お気軽にご相談ください!/

離婚による不動産売却における3つの注意点!

財産分与で損をしないためには離婚前の段取りが大切

夫婦の共有財産を、離婚の際に分配する制度を「財産分与」といいます。
離婚後におこなう財産分与で受け取った財産は、贈与には該当しないので、原則贈与税はかかりません。
また、離婚後は連絡も取りづらく財産の把握も困難となるため、離婚届を提出するまでに財産分与の段取りを立て、離婚協議書を作成しておくことをおすすめします。
不動産売却を希望している場合、売却すること自体は離婚前でも大丈夫ですが、売った現金を財産分与するのは離婚届を提出して、戸籍を分けてからにしましょう。

共有財産かどうかの判断に名義人は関係ありません

夫婦どちらか名義の不動産でも、婚姻期間中に築いた財産であれば共有財産とみなされ、財産分与の対象です。
不動産の分配方法は一般的に2つあります。
どちらかが譲り受ける方法
夫婦のどちらかが相手の分与分を現金で支払うことで住み続けることができます。
現金化して分配する方法
不動産を売却して、現金化してから分配します。
もっともシンプルで公平な分配方法です。
共有名義の不動産の場合、双方の同意がなければ売却できないので注意が必要です。

不動産の価値を調べ、住宅ローン残債と比較してみる

現時点での時価評価額を確認します。
札幌市周辺の不動産は、ぜひ弊社へ査定をご依頼ください。
住宅ローンの残債がある場合は、売却時に金融機関へ一括返済しなければなりません。
住宅ローン残債が、時価評価額を上回る不動産は財産分与の対象にならないうえ、売却も難しいので注意が必要です。

こちらの記事も読まれています|不動産売却の流れとは?媒介契約や準備するべきものについてご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却に必要な媒介契約時の注意点

「仲介」を依頼する際に不動産会社と結ぶ媒介契約には3種類あり、自分の希望に合う契約を選びます

専属専任媒介契約
1社だけに仲介を依頼して、売れにくい物件が手間をかけずに比較的早く売れることが特徴ですが、買い手を売主自ら見つけてきた場合にも不動産会社を介する必要があります。
専任媒介契約
1社だけに仲介を依頼して、売れにくい物件にも適しており、自ら見つけてきた買い手とも契約できます。
一般媒介契約
同時に複数の不動産会社に仲介を依頼し、人気物件に適していますが、複数の不動産会社と連絡を取るなどの手間がかかります。

とにかく早く売却したい場合には「買取」も検討してみては?

不動産会社が直接買い手となる買取は、条件がまとまればすぐに契約に進むことが可能で、周囲に知られず短期間で現金化することができます。
買取の最大のデメリットとして、市場価格より低い価格での契約が多いことがあげられます。

こちらの記事も読まれています|不動産売却の流れとは?媒介契約や準備するべきものについてご紹介

まとめ

このように、離婚による不動産売却では状況により動き方が異なります。
状況に応じた最善の方法をご提案いたしますので、ぜひ1度ご相談ください。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ