空き家を売りたいときに知っておくべき売却方法や費用を解説!

空き家を売りたいときに知っておくべき売却方法や費用を解説!

空き家を売りたいと考えたときは「そのままの状態で売れるのか」「費用負担がどれくらいか」などの疑問があると思います。
とくに相続した空き家は、使用しないまま何年も経過するケースが多く、問題なく売却できるかご不安かもしれません。
そこで今回は、空き家の売却方法と、売却にまつわる費用を解説します。
札幌市で不動産売却を検討されている方は、ご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

空き家をそのままの状態で売りたいときに選ぶべき方法とは?

ひとくちに空き家といっても、売りたい物件の状態によって、適した売却方法が異なります。

そのままの状態で売却

築年数があまり経過していない、状態が良い物件は、中古住宅として売却が可能です。
また建物の状態が悪く、居住には向かない空き家の場合でも「古家付き土地」として売却できます。

更地にして売却

物件の状態が著しく悪い場合は、解体費用を捻出して土地のみにした方が、売却しやすくなります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたいときに知っておくべき費用とは?

空き家の所有にまつわる、さまざまな費用をみていきましょう。

空き家の所有にかかる費用

維持・管理費
住んでいなくても、外壁や屋根の劣化で周囲に損害を与えかねない状況であれば、修理が必要です。
また放火や不法投棄などの被害にあわないために、定期的に清掃するなどの管理をおこないましょう。
固定資産税・都市計画税
不動産の所有にかかる税金です。
空き家は、行政から周辺環境に悪影響をおよぼす恐れがある「特定空き家等」に指定されると、固定資産税が現在の約6倍になる可能性があります。
また倒壊のリスクが著しく高いときは、行政から強制的に取り壊されるケースもあり、その場合の解体費用は所有者負担です。

空き家の売却時にかかる費用

不動産会社へ支払う仲介手数料
売却価格に比例して高額になる場合があるので、あらかじめ試算をおこないましょう。
解体費用
更地にする場合にかかる費用で、市区町村によっては、解体費用の助成金や補助金が出る場合があります。
譲渡所得税・住民税
売却益が発生した場合に発生する税金ですが、条件に当てはまれば税金が軽減される特例があるので、確認しましょう。
印紙税
売買契約書に貼る収入印紙代金です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

空き家の売却方法や費用は、物件の状態により異なることがわかりました。
不動産売却は、大きな決断なのでなかなか踏み切れない方が多いと思いますが、物件は所有するだけで費用がかかります。
空き家を売りたいと思っていても、物件の状態が良くないなどのお悩みがある方は、ぜひお問い合わせください。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ