不動産売却時の「査定」の種類と上手な使い分け

不動産売却時の「査定」の種類と上手な使い分け

この記事のハイライト
●査定には早く結果が出る「机上査定」とより正確な価格がわかる「訪問査定」がある
●不動産売却の前に自分でも調べて「相場」を掴むことは大切
●住み替えは「売却」と「購入」を1社に依頼するのが効率的

不動産売却を計画したら、やはり「売却価格」がいくらになるか気になります。
価格を知るには「査定」をおこないますが、査定には2つの方法があることをご存じでしょうか?
それぞれに使いどころも異なってきます。
この記事では、札幌市、北広島市、江別市の売却を数多く手がけ、無料査定も実施している弊社が、不動産売却をするうえで知っておきたい「査定」の基礎知識を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却をするうえで知っておきたい2つの査定の違い

不動産売却をするうえで知っておきたい2つの査定の違い

まずは不動産売却をする前に知っておきたい2つの査定方法の違い、売却と買取の違いについて解説します。

「机上査定・訪問査定」の違い

不動産売却をするときには、さまざまな要素が価格に影響するため、弊社のような不動産会社が「査定」をして割り出します。
査定は、「机上査定」か「訪問査定」かで、さまざまな点に違いがあります。
机上査定とは
不動産売却する現地を訪問せず、登記事項証明書をはじめとする書類をもとに価格を割り出す査定です。
簡易査定ともいわれ、手間がかからずスピーディーにおこなえることが、訪問査定との違いになります。
依頼をして早ければ当日中、遅くとも2、3日のうちには結果がわかります。
とはいえ、机上査定もきちんとした根拠のもとに算出されます。
たとえば、公示価格や固定資産評価額などの公的な価格や周辺の類似物件の相場などのほか、資料を見て面積や用途地域なども確認していきます。
多くの情報から導き出した査定額なのです。
訪問査定とは
訪問査定は、机上査定とは違い、現地を訪問して割り出す方法です。
机上査定でも根拠とされる情報にくわえて、訪問して確かめた現地の情報も加味するという点が違います。
訪問時には、建物の状態を見るだけでなく、日当たりの良さや、周辺環境も確認します。
これらを総合的に判断し、査定額を割り出すのです。
そのため、机上査定に比べると、時間を要する点も違いとなります。
一般的には、現地を訪れて1週間から10日ほどが、結果が出る目安です。

「売却・買取」の違い

不動産売却の方法によっても、価格の違いが見られます。
売却と買取の特徴の違いもチェックしておきましょう。
売却
売却は、仲介によって買い手を探し、不動産売却する方法です。
不動産会社と媒介契約を結び、広告や独自のネットワークを活かして、買主を探します。
そのため、買主を探せるかによっても、不動産売却できるまでの時間がかわってくるのが注意点です。
しかし、売却では相場となる市場価格で売れるでしょう。
買取
買取は、仲介とは違い、買主と売主で直接的なやりとりとなります。
買取の買主は、弊社のような不動産会社です。
不動産売却する価格については、買取だと市場価格よりも安くなる傾向にあります。
しかし、買取は金額面で双方の合意がとれれば、時間がかからずに不動産売却できることが魅力です。
また、広告を出す必要がないため、近隣の方に知られることなく不動産売却を進めることもできるでしょう。

異なる査定の使いどころ

机上査定と、訪問査定には違いがあることがわかりました。
特徴の違いによって、適切な使い分けをすることが可能です。
まず、不動産売却にあたっておおまかに金額を知りたいときは、すぐに結果が出る「机上査定」を利用して目安にするのも良いでしょう。
さらに、具体的に不動産売却を進めるにあたり、より正確な価格を知りたいときには「訪問査定」を依頼するのがおすすめです。
また2つの異なる売却方法についても、時間が掛かってもなるべく高く手放したい方は「売却」を選ぶと良いでしょう。
一方、早く現金化したい方には「買取」が適しているといえそうです。

こちらの記事も読まれています|不動産が売れない原因を知って対策を立てよう!売却への成功ポイントを解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前に査定のほかに自分でも相場を調べる方法

不動産売却前に査定のほかに自分でも相場を調べる方法

不動産売却では、査定以外で、自分で価格の相場を調べて掴んでおくことも大切です。
査定とは別に、自分で手軽に調べられ、相場の参考にできる方法をいくつかご紹介します。

レインズ・マーケット・インフォメーションで調べる

レインズ・マーケット・インフォメーションとは、不動産流通機構が運営するインターネットサイトです。
最近の1年間で不動産売却された、戸建て住宅やマンションの取引価格を調べることが可能です。
エリア別の相場について情報を得やすいでしょう。
地域の相場を把握するのに適した調べ方です。

土地総合情報システムで調べる

土地総合情報システムは、国土交通省が不動産取引をした人に調査を実施し、データベースとしたインターネットサイトです。
実際に取引された実勢価格を調べることができ、相場を掴むのに役立つでしょう。
土地、農地の取引価格も検索できます。
ちなみに、検索時に「宅地」を選べば、土地と建物両方の価格を閲覧できます。
また、相場を掴むためのチェックポイントとして、不動産売却をしたい物件と類似した物件が、どのような価格で売られているかを把握することは大切です。
ほかにも周辺環境の利便性も相場に影響する要素として挙げられます。
レインズ・マーケット・インフォメーションや土地総合情報システムなどを活用し、調べた取引事例から、これらの要素について割り出してみるのも有用です。

公的機関が調査した価格を調べる

国土交通省のホームページからは、国土交通省や都道府県が調査した地価について情報を得ることができます。
「国土交通省地価公示・都道府県地価調査」のページからエリアを選択して検索ができるほか、鑑定評価書情報をダウンロードすることも可能です。
査定以外に、自分でもさまざまな角度から調べて相場の傾向を知ることができそうですね。

こちらの記事も読まれています|不動産が売れない原因を知って対策を立てよう!売却への成功ポイントを解説

\お気軽にご相談ください!/

弊社なら不動産売却時の査定依頼も「無料」!

alt="弊社なら不動産売却時の査定依頼も「無料」!" width="100%">

class="def_text"> 札幌市、北広島市、江別市を中心に売却実績を誇る弊社では、査定依頼も無料でご利用いただいています。
最後に、不動産売却をご検討中の方のために、査定のほかにも知っておきたい、売却依頼時のポイントをあわせて解説します。

住み替えは「売却」も「購入」も同じ会社に依頼するのがおすすめ

住み替えをする場合の不動産売却では、売却依頼と新居の購入を別の会社に依頼するよりも、同じ会社に依頼するほうがメリットがあります。
住み替えでは不動産売却と購入を同時進行させる場面も出てきます。
しかし、売却と購入を別の会社に依頼すると、スムーズに進めたいところなのにやりとりは2倍となります。
一方、まとめて同じ会社に依頼しておけば、一度に売却と購入の話を進めることが可能です。
さらに、1社に頼めば売却と購入のタイミングも調整しやすく、新居の購入までに仮住まいを利用するといった事態も避けやすいでしょう。
また、住み替えの場合、購入よりも売却できるかが肝になりますが、弊社では早く手放せる買取にも対応しています。

懸念点は伝えたほうが良い

不動産売却を依頼する際には、懸念点がある場合もあるでしょう。
たとえば、離婚などで「周囲に知られずに売ることができるかな…」といった場合も、事前にご相談ください。
近隣に不動産会社とわかりにくいよう配慮して訪問するといった対策をとることも可能です。
また、「ペットのつけた傷がある」「劣化しているけど売れるかな」と心配な場合や、瑕疵がある場合など、後々のトラブルを避けるためにも正直に伝えていただくことがポイントです。

書類の有無の確認

査定をよりスムーズに進めるためには、次のような書類の有無を事前に確認しておくと良いでしょう。
戸建て

  • 境界が確認できる資料
  • 実測図
  • 建築確認申請書および建築確認済証
  • 検査済証など

マンション

  • 分譲時のパンフレット
  • 管理規約など

こちらの記事も読まれています|不動産が売れない原因を知って対策を立てよう!売却への成功ポイントを解説

まとめ

不動産売却の査定の種類や使いどころ、また売却依頼時のポイントなどを解説しました。
とくに住み替えの際は査定から売却、新居の購入まで1社に頼むのが煩雑にならずおすすめです。
札幌市、北広島市、江別市の不動産売却なら、無料査定も実施している弊社にお問い合わせください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ