空き家を放置した場合のリスクと売却などの解決策をご紹介

空き家を放置した場合のリスクと売却などの解決策をご紹介

空き家を相続したものの使わないまま、どうすれば良いかわからずお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では空き家を放置してしまうことで生じるリスクとそれに対する解決策についてご紹介していきます。
札幌市全域、江別市、北広島市、恵庭市エリアで不動産に関してお悩みの方、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

空き家を放置することで生じるリスクとは

資産価値の低下

適切な管理がおこなわれないまま空き家を放置することで、老朽化が進み資産価値が大幅に下がっていってしまいます。

近隣トラブル

空き家を放置することで、草木が伸びお隣の敷地に入り込む、不法投棄などによる悪臭、放火の現場として狙われやすくなる、などさまざまなトラブルの原因になります。

所有者責任リスク

空き家の所有者には、所有者責任が課されています。
そのため、建物の崩壊などに起因する事故で、建物の設置または保存に問題があった場合、自己に過失がなくても空き家の所有者は責任を負わなければなりません。

経済的なデメリット

たとえ住んでいなくても、空き家を所有している以上、固定資産税など一定の維持費を支払う義務があります。
また、特定空き家に指定されてしまうと固定資産税の軽減措置を受けることができなくなり、多額の税金を支払わなければならない恐れもあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家を放置する前にできる売却などの解決策

解体する

まず、空き家に対する解決策としてあげられるのは解体することです。
解体することでトラブルを回避でき、空き家のメンテナンスなどの手間も省けます。
解体費用としては、家の構造や広さなどで変わってきますが、一般的な相場として木造30平米の一戸建てでおよそ100万円ほどかかります。
自治体によっては空き家解体に際して補助金を設けているところもあります。

売却する

築浅の物件や、立地のいい空き家などは一般の仲介での売却がおすすめです。

買取

空き家の状態が悪く一般の仲介で売却が難しい場合などには、不動産会社が直接買主となる買取もおすすめです。
買取の場合、空き家を解体する必要もなく、また早急に現金化することもできます。
とにかく早く空き家を手放したい場合などには、買取を検討してみましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

空き家を保有している責任として、トラブルを避けるためにも適切な管理を行う必要があります。
それが難しい場合には、売却や買取などの手段で早急に対処していきましょう。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ