不動産買取とは?仲介との違いやメリットをご紹介!

不動産買取とは?仲介との違いやメリットをご紹介!

不動産の売却を考えているけれど、売れるかどうか不安に思う方も多いでしょう。
住み替えなどでできるだけ早く現金化したい方は、買取を検討してみても良いかもしれません。
そこで不動産買取とはなにか、仲介との違いやメリットをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取とは?仲介とはどんな違いがある?

不動産買取とは、不動産会社に直接買い取ってもらうことを言います。
一般的に広告などの販売活動をおこない買主を募る仲介とは、やり方も性質も違いがあるので注意が必要です。
仲介では購入者を探すため、広く販売活動をおこないます。
売却する物件を知ってもらわないことには、始まらないからです。
ただし、広く売却活動をおこなったからと言って、売れるという保証はありません。
不動産売却にかかる期間は3~6か月ほどと言われていますが、これはあくまで目安であり、1年以上経っても売れないケースも少なくはないのです。
売買契約を締結するまでは「いつ売れるのだろうか」と不安に思うこともあるでしょう。
一方で、買取にはそんな心配がありません。
買取には即時買取と買取保証の2種類があり、どちらも最終的に売却が決定しているからです。
即時買取は価格交渉が終わり次第、すぐに不動産会社が買い取ってくれます。
買取保証は、一定期間仲介を目的とし販売活動をおこない、契約がまとまらない場合に不動産会社に買い取ってもらう方法です。
期間中に購入者が現れ売買契約が成立すればその購入者と、現れなければ不動産会社と手続きを進めていきます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取のメリットやデメリットとは?

買取はいつ購入されるか分からない仲介での売却とは違い、購入が決定しているため売れるかどうかを心配する必要がありません。
また購入者を探す時間を短縮できるため、不動産をすぐに現金化できるというメリットがあります。
即時買取ではそもそも販売活動をおこなう必要がなく、不動産売却を周囲に知られたくない場合などにもぴったりの方法です。
しかし、メリットばかりではありません。
大きなデメリットとしてあげられるのが、市場価格より安くなってしまう点です。
不動産会社が買取する目的は再販なので、市場相場での売却は難しいと考えておきましょう。
そのためできるだけ高く売却したい方は、仲介での売却が向いています。
もし売却完了までの期間は短くしたいけれど、できれば市場相場以下では売却したくないという方は買取保証がおすすめです。
買取保証は仲介と買取のメリットを活かした売却方法であり、検討してみる価値は大いにあると言えるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

買取とは、不動産会社に売却したい不動産を直接買い取ってもらうことを指します。
仲介とは違い売却先が決まっているので、現金化までの期間が短く済むことです。
即時買取であれば市場での販売活動がおこなわれないため、不動産売却が周囲に知られることもありません。
しかし市場相場より安い価格での売却になってしまうというデメリットもあるので、注意してください。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
札幌市、北広島市、江別市で不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ