離婚を機に自宅を任意売却するメリットやタイミングについてご紹介

離婚を機に自宅を任意売却するメリットやタイミングについてご紹介

離婚時に財産分与をおこなう場合には、不動産を売却して分配するケースが多いです。
不動産は売却時に住宅ローンを完済しなければ売ることができません。
任意売却とは、ローンの一括返済が難しい場合に使える選択肢の1つです。
この記事では、離婚時に任意売却をするメリットやタイミングについて解説していきます。
札幌市で不動産売却をお考えの方、ぜひご参考ください。

\お気軽にご相談ください!/

離婚時に自宅を任意売却するメリット・デメリット

メリット

ローンの一括返済ができなくても売却できる
売却時に売却金額が住宅ローンの残債を下回っているオーバーローンの状態ですと、足りない分のお金を補填しないと売却することができません。
しかし、任意売却であればオーバーローンの状態でも売却をおこなうことができます。
競売よりも高く売却できる
ローンの返済が滞ると、裁判所に家を差し押さえられて最終的に競売にかけられてしまいます。
任意売却は通常の仲介による売却のため、競売よりも高く売却できる可能性があります。
また、任意売却では売却金の一部を引っ越し費用などに当てることができる可能性もあります。

デメリット

金融機関の判断しだい
任意売却をおこなうことができるかどうかは、金融機関の判断しだいになります。
債権者である金融機関の了承がなければ任意売却自体をおこなうことができません。
ローンの返済義務は残る
売却時に一括返済をしなくて良いとはいえ、ローンの残債がなくなるわけではありません。
売却後も債権者と相談のうえ、分割で支払っていくケースが多いです。

弊社が選ばれる理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

離婚時に自宅を任意売却するタイミングについて

任意売却をおこなう場合には、離婚前をおすすめします。
任意売却をするためには、債権者や連帯保証人との手続きがあったりと、多くの手間や労力がかかります。
共同名義や連帯責務になっている場合には、基本的に共同で手続きを進めなければなりません。
離婚後ですと、連絡がとりづらくなってしまったり、精神的にも良くないでしょう。
そのため、離婚前までに売却を完了させられるよう準備を進めていきましょう。
注意点としては、不動産の売却自体は離婚前でも大丈夫ですが、財産分与は離婚後におこないましょう。
離婚前に財産を分け合うと、贈与とみなされ財産を受け取る側に贈与税がかかるためです。

弊社が選ばれる理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は離婚時に任意売却をおこなうメリット・デメリット、タイミングについてご紹介しました。
任意売却にはさまざまな手続きなどが必要なため、しっかりと準備を進めていきましょう。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ