不動産売却にリフォームは必要?メリットやリフォーム費用を解説!

不動産売却にリフォームは必要?メリットやリフォーム費用を解説!

不動産売却前にリフォームした方が、高値で早期売却ができるのでしょうか。
売却前のリフォームは必要なのかお悩みになるかと思います。
この記事では、札幌市全域、江別市、北広島市、恵庭市での不動産売却前にリフォームは必要なのか、リフォームすることのメリットや費用をご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前のリフォームは必要?

結論から申しますと、不動産売却前のリフォームは基本的には不要です。
しかし部分的なリフォームはおこなった方が良い場合もあります。
リフォームが不要な場合と必要な場合をご説明します。

不動産売却前のリフォームが不要な場合

築年数が浅く室内も綺麗な場合、リフォームは不要です。
さらに、築年数が経過して劣化がみられるとしても、買い手は安い費用で不動産を購入し、自分の好きなようにリフォームしたい場合も多々あります。
このような場合にもリフォームは不要です。

不動産売却前のリフォームが必要な場合

多額な費用のリフォームは不要ですが、築年数が経過して劣化がみられる場合には、ハウスクリーニングや低額で利用できるリフォームをおこなうと良いです。
たとえば、水回りの汚れに対しては、ハウスクリーニングをおこなうと、内覧時に買い手に好印象を与えられます。
また、クロスの剥がれや床材の傷などを修繕したり、ドアノブやスイッチカバーをリフォームしたりするだけでも買い手への印象が良くなります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前のメリット・デメリット・リフォーム費用

不動産売却前のリフォームの最大のメリットは、早期売却の可能性が高くなることです。
不動産売却前のリフォームのデメリットは、リフォーム費用を売却費用に上乗せできないことです。
なぜなら不動産は内装や設備ではなく、築年数によって売却額が決まるからです。
また、自分でリフォームしたいという買い手が多くなっている傾向があります。
さらにリフォームをおこなっても、買い手の好みに合っていないと購入希望者が減ってしまいます。

不動産売却前のリフォーム費用

水回りのリフォーム費用は以下のとおりです

  • キッチン全体:50~150万円
  • 浴室全体:50~150万円
  • 洗面台全体:10~50万円
  • トイレ全体:10~50万円

床や壁材のリフォーム費用は以下のとおりです。

  • 床(6畳):6万~18万円
  • 壁紙(6畳):5万円

すべてのリフォームをおこなうと400万円ほどかかります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却前のリフォームは基本的には不要ですが、築年数が経過して劣化がみられる不動産には、ポイントでリフォームするのが良いです。
不動産売却前のリフォームが必要か不要かについては不動産会社に相談して決めることをおすすめします。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
札幌市で不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ