不動産を売却におけるリースバックの内容を解説!

不動産を売却におけるリースバックの内容を解説!

気に入っている自分の家でも、やむを得ない事情があって売却しなければならない方には、リースバックがおすすめです。
実際にリースバックを使用すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。
この記事で解説するので、不動産売却を検討している方は最後までお読みください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるリースバックとは?

リースバックとは、自宅である不動産を売却した後に、買主へ賃料を支払ってもとの家に住み続ける方法です。
つまり、一旦は自宅を売却しますが、賃貸物件の借主として住み続けられる仕組みと考えてください。
たとえば、思わぬリストラなどによりローンの返済が厳しくなった場合、不動産の売却を考えるでしょう。
とはいえ、住み慣れた自宅から転居したくなく、できれば住み続けたいと思われる方が多いと思います。
また、持ち家を売却することを近所の方に知られたくないと思われている方もいるでしょう。
リースバックは、賃貸物件の形で自宅に住み続けられるので安心してください。
くわえて、リースバックのなかには、買戻し特約が付けられる場合もあります。
買戻し特約とは、売却した不動産を買い戻せる権利のことです。
また、買戻し特約が付けられた不動産は、決められた期間内であれば優先的に買い戻しができます。
その場合は、買戻し金の支払いが必要です。
なお、買主にも購入した物件を一定期間転売できない制約が付きます。
将来的に買い戻すことを前提として、リースバックを考えてみても良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却においてリースバックをするメリットとデメリット

メリット

リースバックのメリットは、税金や保険料などのコストを負担する必要がなくなることです。
このようなコストは、買主が負担してくれるので、賃貸物件の借主となるあなたは賃料の支払いのみおこなうこととなります。
また、住み慣れた自宅に住み続けられて、資金調達ができることもメリットです。
リースバックによって得られるお金は、用途の指定がありません。
そのため、老後の資金調達などまとまったお金を手に入れることができます。

デメリット

リースバックのデメリットは、売却価格が相場よりも安い可能性があることです。
希望する金額では売却が難しいと覚えておきましょう。
また、定期借家契約を結んでしまうと、買主が再契約を拒否すれば退去しなければなりません。
そのため、普通賃貸借契約を結んで契約を更新できるようにしましょう。
この他、家賃は利回りによって決まるので、相場より高くなる可能性があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却におけるリースバックとは、自宅を売り渡した後に賃貸借契約を結ぶ形で居住し続ける方法です。
今の生活を続けられるメリットがあるので、気になった方は不動産のプロである弊社へご相談くださいね。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ