不動産をリノベーションで再生させる!かかる費用と注意点とは?

不動産をリノベーションで再生させる!かかる費用と注意点とは?

中古の不動産を購入したときや、自宅の劣化が気になったときに、リフォームかリノベーションかどちらの工事をおこなうか迷う方も多いのではないでしょうか?
リノベーションをおこなった住まいは、暮らしの質を向上させ魅力的になります。
ここでは、札幌市で不動産のリノベーションをおこなうメリットと費用についてご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産のリノベーションとは?

リノベーションとは、既存の建物に新しい機能や価値を付け加える改装工事のことをいいます。
リフォームの新築の状態に戻す改修工事とは違い、リノベーションは建物の全面的な工事をおこないます。
購入した不動産や、劣化が気になる不動産の内装や外観を自分好みに仕上げることができます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産のリノベーションにかかる費用の相場とは?

大掛かりな工事となる不動産のリノベーションは予算も膨らみます。
リノベーション費用の相場は、工事内容によって異なりますが、建物面積に応じて工事費用も高くなります。
また、狭い住宅のほうが坪単価は高くなります。
水回り設備の位置を変更するなど大幅なレイアウト変更や、ハイブランド設備の投入は予算もあがります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産をリノベーションするメリット・デメリットとは?

不動産売却前にリノベーションをおこなうことによって、次のようなメリットがあります。

  • 新築物件を希望層に売り込みやすくなる
  • 内装で購入希望者に好印象を与えられる

リノベーションで室内や設備が新しくなれば、同じエリアで新築物件の購入を検討している方に売りこみやすくなります。
また、内装も新築物件のような清潔感を与えることができるので、内覧時に好印象を与えることができます。
リノベーション済みの不動産を売却する場合、次のようなデメリットもあります。

  • 売却価格が高くなる
  • 内装が購入希望者の意図に沿わない場合がある

リノベーションで暮らしの質を向上させたとしても、相場より大幅に高くなると購入対象とはなりづらくなります。
相場よりリノベーションをおこなうことで大幅に価格が上がると売却しづらくなります。
また、個性的な間取りや内装も敬遠されてしまうため注意が必要です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

リノベーション済みの不動産は、新しく住まいの購入を検討している方にとって、新築物件を購入するより手が届きやすい物件のひとつです。
しかし売却価格が上がって購入者が現れなければリノベーションをおこなう意味がありません。
不動産を売却するときは、立地や築年数、相場などさまざま条件を考慮したうえで、リノベーションをおこなうようにしましょう。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ