不動産売却でかかる仲介手数料の相場や上限は?

不動産売却でかかる仲介手数料の相場や上限は?

一般的に不動産売却をおこなう場合、不動産会社に依頼して売却活動をおこなうでしょう。
そして売却が成立したときに不動産会社に支払う成功報酬が仲介手数料です。
仲介手数料は、売却活動にかかる費用で売却価格に応じて上限が設けられています。
そんな仲介手数料の上限、相場についてご説明いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でかかる仲介手数料!相場はある?

仲介手数料は、売却が成立したときに不動産会社に支払う成功報酬です。
仲介手数料は、不動産売却のために不動産会社がおこなう通常業務の売却活動に使用されます。
仲介手数料には相場といえるものがなく、売却価格によって上限の金額が異なり、以下の式で求められます。

  • 売買金額200万円超400万円以下の場合:売買価格×4%+2万円+消費税
  • 売買金額400万円超の場合:売買金額×3%+6万円+消費税

また一般的に仲介手数料は、売買契約締結後に50%、決済後に残金を支払うのが一般的です。
仲介手数料はあくまでも一般的な売却活動にかかる費用なので、仲介手数料以外に発生する実費や特例も存在します。

  • 一般的な売却活動と異なる雑誌や新聞への広告費
  • 遠方の不動産売却の交渉による交通費
  • 低廉な不動産の売却

低廉な不動産とは、400万円以下の不動産のことをさします。
この場合、上記で述べた売買価格×4%+2万円+消費税の他に必要経費が認められ、最大18万円+消費税と定められました。
低廉な不動産は空き家である場合が多く、空き家の流通を目的とした法改正となります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却にかかる仲介手数料の上限とは?

仲介手数料に相場はないとお伝えしましたが、売却価格により上限が定められています。
仲介手数料の求め方は紹介しましたが、さらに細かく分けると次のような計算式となります。

  • 売却価格200万円→仲介手数料:110,000円
  • 売却価格400万円→仲介手数料:198,000円
  • 売却価格600万円→仲介手数料:264,000円
  • 売却価格800万円→仲介手数料:330,000円
  • 売却価格1,000万円→仲介手数料:396,000円

また、仲介手数料に含まれない売却活動が発生している場合は、この上限を超えて別途請求されることがあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

仲介手数料は、売却活動にかかる費用で、不動産会社に支払う成功報酬です。
不動産売却の時には、この仲介手数料の金額を把握しておき売却後の資金計画をたてるようにしましょう。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ