雨漏りする家をスムーズに売却するには?告知義務はある?

2022-08-09

雨漏りする家をスムーズに売却するには?告知義務はある?

雨漏りのする家を売却するとき、やはり修繕しないと難しいのでしょうか。
欠陥がある家を売却するときは、いくつかのポイントを抑える必要があります。
今回は、札幌市全域で自宅または相続物件を売却したいとお考えの方に向けて、雨漏りしている家をスムーズに売却する方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

雨漏りのする家を売却するときの告知義務とは

不動産売却では契約不適合責任があり、雨漏りなどの物理的欠陥は、買主への告知義務があります。
告知義務とは、公平な取引をするための売主の義務で、欠陥に関してはできる限り正確に買主に伝えなければなりません。
契約不適合責任では、瑕疵を修繕する義務はありませんが、重要事項説明の際に買主に説明し、契約書どおりの不動産を引き渡す義務があります。
そのため、雨漏りがあっても修繕しなければならないというわけではなく、買主が了承していれば売却自体は可能です。
もし、雨漏りについて告知していなかった場合は、損害賠償請求や契約解除などのリスクがあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

雨漏りする家をスムーズに売却する方法とは?

雨漏りは売却のために修繕する必要はありませんが、やはり修繕したほうが仲介での売却はしやすいでしょう。
現況渡しを選ぶ場合、ネガティブなイメージによって売却が長引く可能性は高いです。
ホームインスペクションなどであらかじめ欠陥を把握し、隠れている瑕疵をすべて修繕すると、買い手側にとって安心材料になります。
しかし、雨漏りするような古い家は、修繕費用も高額になってしまい、売却で回収できない可能性も高いです。
中古住宅ではなく土地として売却する場合、解体して更地にするか、古家付き土地とするか2つの選択肢があります。
解体すると高額なコストがかかってしまいますが、古家付き土地よりは印象が良いので、売却はしやすくなるでしょう。
しかし、一度解体してしまうと固定資産税の優遇措置がなくなるので、売却するまでの税金の負担が大きくなります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

雨漏りする家の売却で不動産買取を選択するメリットは?

仲介での売却が困難な場合は、不動産買取がおすすめです。
不動産買取のメリットは、スピーディーに現金化できるところ、仲介手数料がかからないところです。
契約不適合責任に問われる心配もなく、安心して売却することができます。
一方で、売却価格は2割から3割程度安くなる傾向があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は、自宅または相続物件を売却したいとお考えの方に向けて、雨漏りしている家をスムーズに売却する方法をご紹介しました。
雨漏りなどの住宅の欠陥は、買主への告知義務があり、隠して売却すると契約不適合責任に問われます。
修繕するか、解体して更地にするか、買取を利用するか、それぞれのメリット・デメリットを比較して検討してみましょう。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ