土地の分筆では最低敷地面積にご注意!小さく分筆した土地の売却方法とは

2022-08-16

土地の分筆では最低敷地面積にご注意!小さく分筆した土地の売却方法とは

土地の一部を売りたいときや、複数の方に相続するときなどに分筆をおこないます。
しかし、分筆をする際には「最低敷地面積」に気を付けなければなりません。
ここでは、札幌市全域・江別市・北広島市・恵庭市で土地の売却をご検討中の方に向けて、最低敷地面積とはどのようなものか、また小さく分筆した土地を売却する方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地を分筆する際の最低敷地面積とは

土地を分筆するとき注意しなければならない「最低敷地面積」とは、建物を建てる際に必要とされている最低限の面積のことです。
最低敷地面積に足りない土地は建築確認が下りず建物が建てられないので、売却は難しくなります。
また最低敷地面積は一般的に100㎡とされていますが、市区町村単位で地区計画区域・用途地域ごとに定められていることも多いので、分筆の際には確認が必要です。
しかし、なかには例外もあります。
それは、制度が導入される前から建っている建物や、制度以前の分筆である場合です。
制度以前の分筆であれば、建物の建築が認められる可能性があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地の分筆をする際の最低敷地面積の調べ方

最低敷地面積を知りたいとき、以下のような調べ方があります。

  • 市区町村のホームページ
  • 不動産会社

対象の不動産がある市区町村のホームページで、「都市計画」や「まちづくり」などのページを見ると掲載されていることが多いです。
もし掲載場所がわかりづらいときは、自治体名と「最低敷地面積」を入力して検索すると見つけやすいでしょう。
しかし不明な点があれば不動産会社でも対応が可能なので、ぜひご相談ください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

最低敷地面積よりも小さく分筆した土地の売却方法

最低敷地面積よりも小さく分筆してしまった土地を売却するには、主に3つの方法があります。

  • 隣地の所有者に売却
  • 隣地を買い取って合筆してから売却
  • 不動産会社による買取

隣地の所有者は、小さい土地であっても敷地が広くなり用途が増えるため買い取るメリットがあります。
そのため、売却できる可能性があるのです。
また、反対に隣地を買い取って合筆し、最低敷地面積を上回った状態で売却する方法もあります。
早く手放したいときには、不動産会社による買取を利用するのもおすすめです。
不動産会社は小さい土地でも活用方法を知っているので、早く現金化できる可能性があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

最低敷地面積に足りない土地には建物の建築が認められないので、売却が難しくなります。
そのため、今回ご紹介した調べ方で最低敷地面積を調べてから、分筆をおこなうと良いでしょう。
また小さく分筆した土地も、隣地の所有者に売却したり買取を利用したりするなどの売却できる方法があります。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
札幌市全域・江別市・北広島市・恵庭市周辺エリアで相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ