長屋式住宅とは?売却が難しくなる理由は?

2022-09-06

長屋式住宅とは?売却が難しくなる理由は?

長屋式住宅は、近年テラスハウスやタウンハウスと呼ばれて注目を集めています。
そんな長屋式住宅ですが、売却するのが難しいといわれており、所有し続けることを余儀なくされている方も少なくありません。
そこで札幌市全域、江別市、北広島市、恵庭市で不動産売却をお考えの方に向けて、長屋式住宅とはどんな建物なのか、売却が難しくなる理由やスムーズに売るための方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

売却が難しい長屋式住宅とは?アパートとの違い!

長屋式住宅とは、隣の家と壁を共有する構造で1つの建物内に複数の住戸が作られている集合住宅のことです。
壁以外のエントランスや廊下、階段、エレベーターなどはすべて独立しており、他の住民の方と共有することはありません。
昔の長屋式住宅は平屋タイプが多くなっていましたが、現在は2階建て以上が主流となってきています。
共同住宅との違いは、共用スペースを通らずに、道路に面した玄関から住戸に直接出入りできることです。
長屋式住宅が共有するのは外壁のみで、それ以外の空間を共有することはありません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

長屋式住宅が売却しづらい理由とは?

長屋式住宅は、共用の廊下などを設置する必要がありません。
そのため狭い土地でも住戸部分の面積を確保しやすく、建築費用を安く抑えられます。
しかしその反面、住宅ローンの審査に通りにくいというデメリットがあり、売却しづらいのも現実です。
また、土地の条件や隣家の所有者との関係から再建築が困難な場合も少なくありません。
再建築ができないために利用者層が限られてしまい、売却が困難になってしまうことも多いでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

長屋式住宅を売却する方法は?

売却が困難とはいっても、所有している限り固定資産税や管理費用などのランニングコストは発生します。
無駄な費用を支払わないためにも、さまざまな方法を検討して売却にのぞみましょう。
たとえば、買い手がつきにくいような長屋式住宅は専門の買取業者に依頼するのも1つの方法です。
また、現状のまま切り離しても再建築不可となる場合は、隣家と一緒に売却することも検討しましょう。
隣家とあわせて売却することで、長屋式住宅の利用方法に幅がでます。
買い手がつきやすい長屋式住宅なら、リノベーションすることでより高く売却できることも少なくありません。
ただし、リノベーションにもお金がかかるため、費用対効果を考えておくことが重要です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

長屋式住宅とは隣の家と壁を共有する構造で作られた住宅で、一般的に売却しづらいと言われています。
住宅ローンの審査が通りにくく、再建築ができないことも多いのが売却しづらくなってしまう理由です。
スムーズに売却するためには、隣家と一緒に売却する、リノベーションを実施する、買取業者に依頼するなどの方法を検討してみてください。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ