不動産売却前や購入後の水回りのリフォームはどうする?注意点もご紹介!

2022-10-11

不動産売却前や購入後の水回りのリフォームはどうする?注意点もご紹介!

不動産売却を検討する際は、リフォームしたほうが売れやすくなると考える方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際には、そのままの状態で売却したほうが良いケースも多くあります。
今回は、札幌市全域、江別市、北広島市、恵庭市で不動産売却をお考えの方に向けて不動産売却前や購入後におこなう水回りのリフォームについて、注意点も併せてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

水回りのリフォームは不動産売却前にするほうが良い?

不動産売却前は、基本的にリフォームをおこなう必要はありません。
中古物件を探している方は、購入後にリフォームすることを前提にしている方も少なくないためです。
室内がきれいであることよりも、低価格で立地の良い物件のほうが好まれます。
ただし、あまりにも傷や汚れが目立つ場合は、壁紙の張り替えやハウスクリーニングを利用して、内覧の際の印象を良くするほうが売れやすくなるでしょう。
とくに、水回りをきれいにしておくことは大切です。
水回りのリフォーム費用は、キッチン全体で100~150万円が相場です。
浴室の場合は、浴槽の入れ替えもおこなうため100万円前後、トイレは便座の交換に、20~50万円程度かかるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

新築とは違う?中古物件購入後の水回りのリフォームについて

中古物件を購入後、水回りをリフォームする場合は、建物の構造について知っておく必要があります。
耐震性を維持するための壁や柱、水道管などは動かすことができないため、新築とは違い、望んだとおりにリフォームできない可能性もあるためです。
また、リフォーム箇所が多くなると予算オーバーになる場合もあるため、物件の代金にプラスして、リフォーム費用も十分に用意しておきましょう。
浴室をリフォームする際は、給湯器の交換も同時に済ませるなど、一度にリフォームすることで、費用と手間の節約になります。
最新の設備を導入する際は、掃除のしやすさなども考慮しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

水回りのリフォームをする際の注意点とは?

水回りのリフォームをおこなう際は、いくつかの注意点があります。
キッチンの設置場所を変えたい場合は、排水溝や排気口の位置によっては、リフォームができない可能性があります。
マンションなどの集合住宅の場合は、管理規約の確認が必要です。
また、キッチンのリフォームでは、家電の置き場所もポイントです。
限られたスペースのため、冷蔵庫やオーブンの扉の開閉がしやすくなっているか、調理などの際に、動きにくくなっていないかなども確認しておきましょう。
トイレのリフォームで手洗い場を設置したい場合の注意点は、スペースが十分にあるか、手洗い場の位置が離れすぎていないかの確認が必要な点です。
お風呂場のリフォームは、工事期間が長くなることもあります。
工事期間中の入浴をどうするのかも、考えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却前と購入後におこなう水回りのリフォームについて、ご紹介しました。
中古物件のリフォームは、売却前におこなうよりも、購入後に買主がおこなうことを前提としたほうが良いでしょう。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ