土地活用として障がい者グループホームを経営するメリットとは?

2022-10-18

土地活用として障がい者グループホームを経営するメリットとは?

近年、障がい者グループホームの需要が高まっています。
しかし、利用したい方の数に対して施設数が少ないのが現状です。
土地活用として障がい者グループホームを経営することで、収入を得ながら社会貢献をすることができます。
この記事では、土地活用として障がい者グループホームを経営する方法とメリット・デメリットについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地活用の1つ!障がい者グループホームとは?

障がい者グループホームとは、障害のある方が支援を受けながら、自立に向けて少人数で共同生活をする住居のことです。
食事や入浴の介助、生活相談などのサービスが提供されます。
対象となるのは、身体障害や精神障害、知的障害、指定難病などのある方です。
日本ではこれらの障がいを持つ方が年々増えており、障がい者グループホームの需要が高まっています。
障がい者グループホームには、「介護サービス包括型」と「日中サービス支援型」の2種類があります。
介護サービス包括型とは、おもに夜間や休日に生活援助や介護をするサービスのことです。
日中サービス支援型では、一時的な宿泊の場として施設を提供し、24時間体制で生活援助サービスをおこないます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地活用として障がい者グループホームを経営する方法

障がい者グループホームの経営には、「オーナー型整備」「事業者型整備」「自ら経営」の3つの方法があります。
「オーナー型整備」とは、土地の所有者が費用を負担して施設を建設し、障がい者グループホームの運営事業者に貸し出す方法です。
土地の所有者には、毎月一定額の土地代と建物の賃貸料が支払われます。
「事業者型整備」とは、運営事業者に土地を貸し出し、その事業者が施設を建設して運営する方法です。
土地の所有者は、毎月一定額の土地代を受け取ります。
「自ら運営」する場合、土地の所有者が施設の建設から運営までをおこないます。
経営が軌道に乗れば、大きな利益を得ることも可能です。
ただし、運営するためには、さまざまな条件を満たさなければなりません。
そのため、土地活用として障がい者グループホームを経営する場合、ノウハウのある運営事業者に施設を建て貸しするのが一般的です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地活用で障がい者グループホームを経営するメリット・デメリット

障がい者グループホームを経営するメリットは、社会貢献をしながら安定的に収入を得られることです。
需要が高く、利用者の入居期間が長いため、経営が急に傾く心配もほとんどないと言えます。
また、障がい者グループホームの建設にあたり、土地の形はあまり関係ありません。
そのため、旗竿地などの変形した土も活用できます。
一方、障がい者グループホームを経営するデメリットは、建築費用が高いことです。
とくに、設備投資に多額の費用がかかります。
運営事業者が撤退した場合、建物を転用するのが難しい点もデメリットの1つです。
アパートやマンションの経営に切り替えるには、不要な設備を撤去する必要があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

障がい者グループホームは、今後も需要が見込まれている施設の1つです。
まずは、施設の特徴や運営方法などを理解することが大切です。
札幌市全域、江別市、北広島市、恵庭市で利用していない土地をお持ちの方は、弊社にご相談ください。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ