古い団地の売却方法とは?リフォーム・リノベーションは必要?

2022-11-01

古い団地の売却方法とは?リフォーム・リノベーションは必要?

昭和の経済成長期に建築された団地は、近年では老朽化が進み、空室も目立っています。
古い団地の売却は苦戦することが多いので、売却戦略を考える必要があるでしょう。
今回は団地の売却方法をテーマに、リフォーム・リノベーションの必要性やそのまま売却する方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

古い団地の売却方法とは?リフォームは必要?

団地は築年数が古く、設備や間取りが現代の暮らしにマッチしない傾向にあります。
そのため、価格を安くしても売り手がなかなかつきにくく、売却活動が長引いてしまうことも多いでしょう。
団地の売却方法でおすすめなのが、キッチンや浴室、トイレなどの設備のリフォームです。
キッチンをシステムキッチンへ交換するだけでも、若い世代に受け入れられやすくなります。
とくに家族向けの物件では、水まわりの設備の新しさを重視されることは珍しくありません。
一方で、リフォームには高額なコストがかかるので、売却によって費用を回収できるのか、費用対効果を検討する必要があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

古い団地の売却方法とは?リノベーションはおすすめ?

次にご紹介するのは、リフォームよりもさらに大掛かりなリノベーションをおこなってから売却する方法です。
リノベーションは、一部の設備の交換だけでなく、和室から洋室への変更、間取りの変更など物件のイメージを刷新することが可能です。
古い団地をおしゃれな物件に生まれ変わらせることができるでしょう。
しかしリノベーションには、リフォームよりもさらに多額の費用がかかります。
また、もともとリノベーション目的で団地を希望されている場合は、インテリアの好みが違うと、かえって購入を避けられてしまうというデメリットもあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

古い団地の売却方法とは?そのまま売却することはできる?

費用をかけずにできる団地の売却方法として、手を加えずにそのまま売り出してみるという手段もあります。
とくに、立地が良い、築年数が古くないなどの団地であれば、そのままでも売却しやすいでしょう。
古い団地でも、自分の好みにリフォーム・リノベーションをしたい買主をターゲットにして価格設定をすれば、売却が成功することもあります。
まずはそのまま売り出して様子をみて、次のステップとしてリフォームやリノベーションを検討するのもおすすめです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は団地の売却方法をテーマに、リフォーム・リノベーションの必要性やそのまま売却する方法についてご紹介しました。
団地を売却する場合、リフォームやリノベーションをすることで物件が売れやすくなりますが、その一方でかけた費用が回収できなくなるというデメリットがあります。
そのまま売却できることもあるので、立地や物件の状態など、どのくらいの需要があるのかを見極めて売却方法を検討しましょう。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ