台風被害を受けた家への公的支援とは?売却時のリスクやコツもご紹介!

2022-11-08

台風被害を受けた家への公的支援とは?売却時のリスクやコツもご紹介!

台風被害を受けた家は、手続きをおこなうことで公的な支援を受けられるケースがあります。
また、台風被害を受けた家を売却する場合は、事前にリスクや売却のコツを把握しておくとスムーズな売却につながるでしょう。
今回は、札幌市、江別市、北広島市、恵庭市で台風被害を受けた家の売却を検討している方に向けて、台風被害を受けた家への公的支援や売却時のリスク・コツについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

売却前に確認!台風被害を受けた家は公的支援の対象となる?

台風によって住宅に大きな被害を受けた場合は、保険金による補償や公的支援制度の対象となります。
補償や支援を受けるためには、市区町村が被害状況を証明する「罹災証明書」が必要です。
罹災証明書の発行には被害状況がわかる写真が必要になるため、台風被害を受けた場合は、片づける前に写真撮影をおこないましょう。
罹災証明書によって受けられる補償や公的支援制度には、「被災者生活再建支援制度」による支援金の支給や免税、「災害救助法」による住宅の応急処理、損害保険による補償などがあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

台風被害を受けた家を売却するときのリスクについて

台風被害を受けた家を売却する場合は、さまざまなリスクがあります。
台風被害を受けた家は、被災物件として扱われるため、通常の物件よりも査定に時間が必要です。
また、売却価格が下がりやすくなるリスクもあります。
これは、建物に被害を受けている箇所の修繕が必要になり、修繕費が差し引かれるためです。
売却前に修繕する場合は、被害の大きさにもよりますが、100万円以上かかる可能性があります。
家を解体して土地を売却する場合でも100~300万円程度の解体費用がかかり、売却益を上回るリスクがあるため注意が必要です。
ただし、条件を満たす場合は、公的機関から修繕・解体費用を助成してもらえることもあります。
さらに、売買契約の際に、被災した事実を買主に告知しなくてはなりません。
告知せずに売却すると、売却後に契約不適合責任を問われ、損害賠償請求されるリスクがあるため注意しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

台風被害を受けた家は売却できる?スムーズに売却するコツは?

台風被害を受けた家をスムーズに売却するためのコツは、具体的な被害状況を買主に告知することです。
契約後のトラブルを防ぐためにも、冠水部分や水位など、具体的な内容を告知しましょう。
また、外観からわからない被害を探るため、専門家による「ホームインスペクション」の実施もおすすめです。
ホームインスペクションを受けると、住宅の劣化状況や欠陥の有無を確認することができます。
修繕すべき箇所や費用の目安などが明確に診断され、助言も受けられるため買主も安心できるでしょう。
さらに、台風被害を受けた家を放置すると、家の劣化が進むだけでなく、「特定空き家」に指定されるおそれがあります。
誰も住まない場合は、早めに売却することをおすすめします。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

台風被害を受けた家を放置すると家の劣化が進むため、早めの売却がおすすめです。
台風被害を受けた家を売却する場合は、トラブルを防ぐためにも、買主に被害状況を告知しましょう。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ