土地活用として医療施設を経営する方法とは?メリット・デメリットを解説

2022-11-15

土地活用として医療施設を経営する方法とは?メリット・デメリットを解説

近年、少子高齢化による患者数の増加などにより、医療施設の需要が高まっています。
土地活用として医療施設を経営する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのしょうか。
今回は、土地活用として医療施設の経営をおこなう方法とメリット・デメリット、土地活用で考えられる医療施設の種類についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地活用として医療施設の経営をおこなう方法とは?

土地活用にはさまざまな選択肢がありますが、クリニックなどの医療施設の経営もその一つです。
医療施設の経営方法はさまざまで、土地を貸し出す方法や、自己負担で建物のみ建設する方法、建設協力金を活用する方法があります。
建設協力金を活用する方法とは、医療施設を建設したい事業者から建設協力金を預かり、賃料と相殺して返済していく仕組みです。
これらの経営方法にはそれぞれ特徴があるため、その土地の需要や撤退時のリスク、初期費用がどのくらいかけられるのかを考慮して検討しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地活用として医療施設の経営をおこなうメリット・デメリット

土地活用として医療施設の経営をおこなうメリットは、地域貢献度が高い点です。
医療施設は地域住民の健康を支える重要な役割を担うため、社会貢献につながり、土地所有者としての信用度も上がるでしょう。
地域の活性化に貢献することは、結果として土地の資産価値上昇や安定した収益にもつながります。
また、少子高齢化によって今後も医療機関の必要性が高まることが予測されるため、長期的に見ても需要が見込める点もメリットです。
一方でデメリットとして、医療関係者とのネットワークを持っていないと誘致が難しい点が挙げられます。
また、交通アクセスの良い土地でなければ集客しづらいため、経営の継続が困難となるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地活用で経営できる医療施設の種類とそれぞれの特徴

土地活用で経営可能な医療施設として、一般的にクリニックと呼ばれる診療所と病院の2種類があります。
この2種類は、医療施設の規模によって分類されています。
クリニックは入院用ベッドが19床以内の小規模な施設、病院は入院用ベッドが20床以上の施設です。
クリニックは主に外来向けの初期医療がメインで、ベッドがない施設もあります。
病院のほうが規模が大きく、利用者が多いため、収益が高い傾向にあります。
また、介護・福祉施設の経営も、少子高齢化によって需要が見込まれる土地活用の一つです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

土地活用として医療施設の経営をおこなうメリットは、地域社会に貢献できる点です。
医療施設の経営は専門的なノウハウが必要であるため、専門家のサポートを受けると良いでしょう。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ