買取か仲介か?家を高く売るならどちらがお得?

家を売るなら高く売りたい!不動産の売却を考えている方なら、誰もが求める要望です。

不動産の売却方法は、大きく分けて2種類あり、一般の顧客に対して売却をする「仲介」と、不動産会社が購入をする「買取」がメインの方法となります。

顧客対象が変わるだけで、基本的に2つに違いがあると理解されている方も少ないのではないでしょうか?

この記事では、仲介、買取と、2つの売却方法を比較し、どちらの方法が最善の策かを検討できる記事となっています。

是非、札幌市で家を高く売りたいと考えている方は参考にしてください。

不動産の買取と仲介の違いを説明

比較的馴染みの深い仲介と、どちらかというと敷居の高いイメージを持つ買取。まずは、2つの方法の違いを解説します。

不動産買取とは

この記事の冒頭でも触れていますが、買取は、不動産会社が買主となり購入をします。買い取る不動産がマンションなら、室内を修繕したり、大規模なリノベーションなどで付加価値をつけ、再度販売(以下再販)を行います。

また、買取は、居住用目的として購入するわけではないので、交渉毎がスムーズに進めば、早々に売却が完了します。

しかし、売却価格は、仲介と比較すると安くなると考えた方がよいでしょう。買取は不動産会社が付加価値を付けて再販をします。リフォームやリノベーションには、高額な費用がかかり、また、再販をかけた際に、必ずしも即買主が見つかる保証もありません。そのほか、人件費や税金などのコストも上乗せされるため、その費用や、リスクも考慮し、相場より安い価格となる傾向があります。

不動産仲介とは

一方、仲介とは、買主は一般の方となり、不動産会社が、売主と買主の間で、様々な手続きや営業活動を行います。これを仲介といい、晴れて成約に至った際は、仲介手数料を不動産会社に支払うことになります。また、顧客を探す活動期間が必要となり、時期や条件などの違いで、必ずしもすぐに買主が見つかるという保証はありません。よって、売却活動期間が定まらない可能性もあります。

不動産仲介のメリットとデメリット

相場に合わせた価格で売り出すことができる

仲介のメリットといえば、相場に合わせた価格で売り出すことができるという点です。売却価格は、市場や、相場を考慮し、適切な価格で販売をすることで、早期の成約に至るケースが多いといえます。

内覧対応が必要

デメリットの要素としては、購入希望者より内覧予約が入った際に、都度対応が必要ということです。買主は、室内の環境もよく見ているので、見える箇所は綺麗な状態を保つようにしましょう。

仲介手数料がかかる

もう一点のデメリットは、成約時に仲介手数料を支払うことです。仲介手数料は、不動産仲介会社に対しての取引成約手数料となるので、取引様態が「仲介」のみ発生し、「買取」では支払う必要はありません。

不動産買取のメリットとデメリット

価格に合意があれば早々の現金化が見込める

買い替えが決まっていたり、様々な理由で、現金が必要な場合は、仲介より買取の方が、売却を早く進めることができます。また、仲介の場合は、購入希望者の内覧の度に対応が必要となりますが、買取の場合は、取引相手が不動産会社であり、立ち会わずとも、現地を調査を行なってもらえるので、時間の効率も図れます。

売り出しを近隣住民に悟られずに済む

ネットや、チラシなど広告媒体で広く一般の方に周知する必要がある仲介とは違い、買取の場合は、所謂売却活動が不要となるので、ご近所の方や、知人に知られる可能性が低くなります。

仲介手数料が不要

買取の場合は、買主が不動産会社であるため、仲介手数料はかかりません。

売り出し価格が安値になる可能性もある

上記の仲介と買取の違いにも触れており、メリットも多い買取ですが、周辺相場より価格が低くなる可能性もあります。

仲介でも買取でも両方お任せください

仲介と買取の場合と、両方の売却価格を知りたいという方も多いはずです。不動産会社によっては、どちらか一方しか対応していないという会社も多いので、査定依頼の際は確認をすることをオススメします。

札幌市白石区を中心とした実績のある株式会社スリーアールは、不動産の仲介、買取と両方の対応が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。