• HOME
  • 住宅ローンでお困りの方

住宅ローンの返済に悩んでいるお客様は、お早めに札幌市白石区の不動産会社スリーアールにご相談ください。
住宅ローンの滞納が続くと、自宅が差し押さえられ、最終的に競売にかけられてしまいます。
金融機関と協議して、市場価格に近い価格で売却できる任意売却なら、競売を回避し、売却金をローン残債に充てることができるようになります。

こんなお悩みはありませんか?

  • 住宅ローンの支払いが苦しく、滞納している
  • 住宅ローンを完済できそうにない
  • 住宅ローンの他の借入金返済が難しくなった
  • 離婚またはその予定があり、住宅ローンの支払いが困難になった
  • 税金の滞納で不動産の差し押さえに遭った
  • 自己破産した、もしくは今、検討中である
  • 住宅ローンを滞納し、督促状や催告書、競売開始決定通知書が届いた
  • 住宅ローンの滞納で連帯保証人に迷惑をかけられない

上記のようなお困りごとでお悩みなら、なるべく早く札幌市白石区の不動産会社スリーアールにご相談ください。競売にかけられる前に不動産を売却できる任意売却の対応が可能です。

住宅ローンでお困りなら
早めに「任意売却」を

住宅ローンでお困りなら早めに「任意売却」を

「住宅ローンの支払いが苦しくなった」「何ヶ月も滞納している」などのお悩みを、そのまま放置していると取り返しのつかないことになります。金融機関に住宅ローンを申し込む際、物件には「抵当権」が付けられます。抵当権は、借り主が何らかの理由で債務不履行となったときに、差し押さえできる担保のことです。ローン滞納が続いた場合、金融機関は強制的に物件を競売にかけることが可能で、売却金額をローンの回収に充てることができます。

不動産が競売にかけられると市場価格と比べて3~5割ほど安くなり、多くの場合、売却金でローン残債をすべて支払うことができません。競売ではローン債務を解決できないことが多く、さらに住宅まで失ってしまいます。

一方、「任意売却」は金融機関などの債権者と話し合って競売を回避し、不動産を市場価格に近い価格で売却できる可能性があります。競売より売却金も増えるので、ローン残債に充てて一括返済することも可能です。

任意売却のメリットとデメリット

任意売却のメリット

競売より高く売れる

競売では一般的に市場相場の3~5割ほど安い価格で売却されますが、任意売却は市場価格に近い価格で売却が可能です。

売却費用が不要

抵当権抹消費用や税金、仲介手数料などの売却に関する諸費用は、すべて債権者が負担します。

プライバシーが配慮される

一般の不動産売却のように、プライバシーに配慮しながら広告活動を行うこともできるため、周囲に知られる心配があまりありません。

ローン返済方法を
交渉できる

ローン残債の返済方法について交渉できるので、無理のない返済計画を立てることも可能です。

引越し費用を
交渉できる

債権者との交渉により、引越し費用を売却代金から捻出することも可能で、再出発しやすくなります。なるべく多く融通してもらうためには、経験豊富なスタッフによる交渉が有効です。

売却後も済み続けられる
場合がある

債権者との交渉次第では、売却後もその不動産を借りて、住み続けられる場合があります。家庭の事情で引っ越しが困難な場合に助かります。

交渉・手続きを
プロに任せられる

不動産の査定や債権者との交渉を不動産のプロに任せ、手続きのサポートやアドバイスも受けられます。スムーズに売却しやすくなり、精神的な負担も軽減できます。

任意売却のデメリット

債権者の同意が得られない場合がある

すべての債権者が任意売却に同意するとは限りません。特に督促状を無視していると、返済する意思がないと判断され、任意売却の交渉で不利になる場合があるので注意してください。

業者によって成否が左右される

債権者との交渉は不動産会社のプロとしての腕が問われるので、精通した業者選びが重要です。親身に真剣に取り組んでくれるかを見極めて、慎重にパートナーを選びましょう。

任意売却と競売を比較する

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  競  売 任意売却
売却価格 市場価格の3~5割程度安くなることが多くなります。 一般的な市場相場に近い価格で売却可能です。
ローン残債 残債が多く、無理な返済が今後も続きます。 高く売却できる可能性があり、残債を大きく減らせます。
ローン返済方法 債権者と交渉できません。 債権者との交渉次第で無理のない返済計画の作成が可能です。
プライバシー ネットなどで広報され、競売が周囲に知られる可能性があります。 周囲に知られないように売却することができます。
立ち退き 期日までに強制立ち退きさせられます。 引渡し時期の交渉が可能で、強制立ち退きにはなりません。
引越し 売却金はすべて返済に充てられ、引越し費用は残りません。 交渉次第で引越し費用を確保できる可能性があります。
新生活の見通し 経済的にも精神的にも余裕がなく、生活再建の見通しが立ちません。 返済負担が軽減され、新生活の資金も確保可能です。

任意売却は可能な期間がある

※表は左右にスクロールして確認することができます。

時期 ローン滞納直前 ローン滞納
3カ月まで
ローン滞納
4カ月まで
ローン滞納
5カ月まで
それ以降
状況 返済が滞りそうな状況ですが、毎月の返済を何とか行っています。 金融機関から督促状や一括弁済通知書が届いています。 競売の開催通知書が届いています。通知から4~5カ月ほどで競売が開始されます。 物件調査で裁判所の執行官が現地を訪問します。
競売にかけられる寸前の状況です。
競売が開始され、落札されると所有権が移動し、強制的な立ち退きが求められることがあります。
任意売却の可否 可能 可能 可能 可能
早急に要相談
不可

任意売却が可能な期間は決まっており、債権者との合意が必要になるので、ローンの返済が困難になったら、早めにご相談ください。

競売にかけられる前なら
まだ間に合います!
お早めにご相談ください!

競売にかけられる前ならまだ間に合います!お早めにご相談ください!

当社は競売にかけられる前に、金融機関と協議して、市場価格に近い価格で売却できる、任意売却の対応が可能です。任意売却はスピードが重要で、債権者との交渉は業者の経験と手腕が問われます。当社はできるだけ早く売却できるように、確実にサポートいたします。そのためにもローンの返済が困難になったらお早めにご相談ください。

ご相談・査定依頼・
お問い合わせ