終活で知っておきたい相続後の空き家問題!放置が招くデメリットとは

終活で知っておきたい相続後の空き家問題!放置が招くデメリットとは

全国で管理の行き届かない空き家が増えており、社会問題となっています。
もしあなたの自宅が、近隣住民へ迷惑をかけてしまう問題のある空き家となってしまったらどうでしょう。
北海道などの雪国では、落雪や倒壊の危険も多くなります。
思い出のたくさんつまった自宅の行く末は、あなた自身で決めませんか?

\お気軽にご相談ください!/

終活で知っておきたい!相続した空き家の管理方法

空き家の管理方法

  • 定期的にしっかりと換気をして、湿気対策をする
  • 定期的に通水をして、水道管に異常がないかを確認
  • 雨漏り・雨どい・外壁などに異常がないかを確認
  • 室内の掃除、庭の草木の手入れ

空き家を管理する手段

自分で管理する
月に1~2回程度、気軽に行ける距離に空き家がある場合は自主管理が可能ですが、時間的な負担を負うことになります。
管理会社に委託する
空き家が遠方にある場合、空き家専門の管理会社に委託することもできますが、費用負担を負うことになります。

こちらの記事も読まれています|相続した空き家を売却する際の特例について

\お気軽にご相談ください!/

終活で知っておきたい!相続した空き家を放置するデメリットと対処法

相続した空き家を放置した場合のデメリットは?

長期間管理をせずに空き家を放置すると、建物が傷み、屋根や外壁の落下、悪臭の発生、放火やゴミの不法投棄など、さまざまな問題を引き起こし近隣住民へ迷惑をかけることになります。
また、当然固定資産税を払い続けることになりますが、適切な管理を怠り、国が制定した「空家等対策の推進に関する特別措置法」における「特定空家等」に指定されると、今より最大で6倍の固定資産税を支払わなければならない、金銭的なデメリットもあります。

問題のある空き家にしないための対処法

ここまででわかるように、相続後の空き家を放置することによって、さまざまな面でデメリットを引き起こします。
では、安心した老後生活を送り、残された家族にも負担をかけないためにはどうしたら良いでしょうか?
自宅を引き継いでもらいたい人に贈与しておく
子世帯との同居を希望している方は、このタイミングで家族と話し合い、二世帯住宅に建て替えも検討してみてはいかがでしょうか。
自宅を売却して老後資金に
老後資金が心配な方は、自宅を売却してまとまったお金を取得できます。
また、介護付き高齢者施設の利用料に充てることで安心した老後生活をおくることができます。
遺言書に記す
最期を迎えるその日まで自宅で過ごしたい方は、自宅をどのようにしてほしいかを遺言書に残すと良いでしょう。
自宅を相続または遺贈により取得した家族が「空き家の発生を抑制するための特例措置」を利用して売却することで、一定の要件を満たせは、譲渡所得額から最高3,000万円控除され、節税になります。
このような制度を利用して売却してほしいと具体的に遺言書に記すことで、残された家族も助かるのではないでしょうか。

こちらの記事も読まれています|相続した空き家を売却する際の特例について

まとめ

終活において、相続後の自宅が空き家となってしまった場合のリスクや、そうしないための対策を考えることはとても重要です。
老後の生活を安心しておくるためにも、空き家の管理方法やリスクを理解したうえで、今できる対策を実行してくださいね。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ