不動産売却における媒介契約とは?種類やそれぞれの特徴について解説

不動産売却における媒介契約とは?種類やそれぞれの特徴について解説

不動産売却を検討中の方の頭を悩ませるのが媒介契約ではないでしょうか。
媒介契約にはいくつか種類があり、売却する物件や希望条件などによっておすすめの媒介契約が異なります。
今回は媒介契約の種類をご説明しつつ、売却検討者に応じてどの媒介契約がおすすめなのかご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/


不動産売却における媒介契約の種類について

不動産売却する際には、売却活動や複雑な手続きが必要になります。
そのため、不動産売却を検討している方は不動産会社に仲介を依頼することがほとんどです。
不動産売却の仲介を依頼する際には、基本的に不動産会社と媒介契約を締結します。
媒介契約の種類は3つありますので、以下でご説明します。


一般媒介契約

一般媒介契約は、複数の不動産会社に個別で不動産売却の営業活動を依頼することができ、ご自身で購入希望者に直接取引をおこなうことも可能な契約です。
媒介契約3種類のなかで最も制限が少ない契約となっています。
不動産会社が各々活動をおこなうため、多くの方に不動産を知ってもらえます。
そうすることで不動産売却をスピーディにおこなうことができます。
しかし、活動報告が義務化されておりませんので、依頼者はなかなか活動状況を把握しづらいという点もあります。


専任媒介契約

専任媒介契約は1つの不動産会社にしか依頼はできませんが、ご自身での取引は可能です。
専任媒介契約には14日に1回の報告義務があるため、安心して営業活動を任せられます。
しかし1社にしか依頼できないため、なかなか不動産売却に時間がかかってしまうというケースもあるのでご注意ください。


専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は1社にしか不動産売却を依頼できず、ご自身での取引もできないといった特徴のある媒介契約です。
しかし、7日に1度の活動報告義務があるため、媒介契約のなかでも1番手厚いサポートが受けられます。
細かく報告を受けられるため、依頼者としても状況を把握しやすいという点はメリットです。


こちらの記事も読まれています|不動産売却の流れとは?媒介契約や準備するべきものについてご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における媒介契約はどれがおすすめなのか

不動産売却をおこなう際の媒介契約を3種類ご紹介しましたが、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。


ここからは不動産のタイプ別におすすめの媒介契約を解説します。

一般媒介契約がおすすめの不動産

築浅な不動産や立地が良い不動産を所有していらっしゃる方は一般媒介契約で不動産売却をするのがおすすめです。

人気のある不動産は不動産会社同士の競争が活発になるため、満足いく価格で売却できます。

専任媒介契約・専属専任媒介契約がおすすめの不動産

中古である程度築年数が経過している不動産は専任媒介契約か専属専任媒介契約をおすすめします。
中古物件はじっくりと買い手を探す必要性が出てくるため、手厚いサポートが受けられる専任媒介契約と専属専任媒介契約がぴったりです。


ご自身でも不動産売却を頑張っていこうという方は専任媒介契約が、すべて不動産会社に任せて安心したいという方は専属専任媒介契約がおすすめです。


こちらの記事も読まれています|不動産売却の流れとは?媒介契約や準備するべきものについてご紹介

まとめ


今回は不動産売却の際の媒介契約について解説いたしました。

私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ