不動産売却後に住み替えをするときにかかる税金とは?

不動産売却後に住み替えをするときにかかる税金とは?

マイホームなどの不動産売却をして住み替えを検討している方にとって、売却や購入にかかる費用は気になるところですよね。
とくに税金の仕組みは複雑なため、どのくらいの予算が必要なのかお悩みの方もいるのではないでしょうか。
ここでは札幌市で不動産売却をして住み替えを考えている方に向けて、住み替え時にかかる税金の種類や特例についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却からの住み替えにかかる税金の種類とは?

マイホームの住み替え時には今まで住んでいた家の売却と新居の購入をおこないます。
売却と購入にはそれぞれ別の税金がかかるため間違えないようにしましょう。

売却にかかる税金

不動産売却にかかる税金は大きく2種類に分けられます。
売却によって譲渡所得(売却金額から取得費用や売却費用を除いて残った利益)が発生した場合にかかる税金とその他の税金です。
譲渡所得が発生した場合には、譲渡所得税(所得税・住民税・復興特別所得税)が譲渡所得額に対して課税されます。
またその他の税金として、売買契約に必要な印紙税や登記の名義変更にかかる登録免許税、仲介手数料の消費税を支払う必要があるでしょう。

購入にかかる税金

住み替えをする新居を購入する際にも税金がかかります。
印紙税や登録免許税、仲介手数料の消費税などは売却と同じく購入時にも必要な税金です。
また家を購入する場合は上記に加えて不動産所得税が課税されます。
不動産所得税は不動産を取得・新築・増築した際にかかる税金で、課税額は固定資産税評価額×4%で算出することができます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却からの住み替えにかかる税金の特例とは?

売却と購入それぞれに課税される税金をできるだけ節税するためには、税金の特例や控除を利用するのがおすすめです。

売却時に利用できる特例

  • マイホームを売却した際に利用可能な「3,000万円特別控除」
  • 10年以上所有した家を売却した際に利用可能な「軽減税率の特例」
  • マイホームの買い替え時に利用できる「買い替えの特例」

上記の特例は一定の要件を満たすことで、譲渡所得から3,000万円まで控除されたり、税率が軽減されたりするほか、課税のタイミングを先送りすることができます。

購入時に利用できる特例

新居の購入時に住宅ローンを利用した場合は「住宅ローン控除」を利用することができます。
住宅ローン控除は一定の要件を満たすことで、一定期間住宅ローン残高の1%を所得税から控除してもらえる制度です。
しかし、売却と購入の特例は基本的に併用できないため、どの制度を利用するかは慎重に検討しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却をして住み替えをするときには、売却と購入それぞれに税金がかかるため事前に必要な金額を調べて計画しておくのがおすすめです。
税金を節税できる特例を上手に利用して少しでも損のない住み替えを進めていきましょう。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ