不動産売却における古家付き土地とは?売却のメリット・デメリットは?

不動産売却における古家付き土地とは?売却のメリット・デメリットは?

老朽化が進んで資産価値のない住宅が建っている土地を、古家付き土地と言います。
土地売却では、古家付きと更地ではどのような違いがあるのでしょうか。
今回は、不動産売却をお考えの方に向けて、古家付き土地とはどんな土地なのか、古家付き土地を売却するメリット・デメリットについてもお伝えします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における古家付き土地とは?中古住宅との違いは?

不動産売却について調べていると、古家付き土地という言葉を目にすることもあるかと思います。
古家付き土地とは、その名前のとおり、古い家が付いている土地のことです。
古い家とはいえ中古住宅とは異なり、なにか手を加えないと住むことができない廃屋というイメージに近いでしょう。
古家と中古住宅を分ける基準として、リフォームをしていない築20年以上の家が目安となります。
相続した実家など、空き家として長年放置していた家などが古家として多く存在しています。
中古住宅は、住宅を探している方をターゲットにしているのに対して、古家付き土地は土地を探している方がターゲットになります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

古家付き土地を売却するメリット・デメリットは?

土地を売却するとき、古家付き土地のままか、解体して更地にするか悩まれる方も多いでしょう。
古家付き土地のまま売却するメリットは、固定資産税が減税されるところです。
解体して更地にしてしまうと、固定資産税の特例が受けられないので維持費が高くなってしまいます。
高額になりやすい解体費用も不要で、売却にあたってまとまった自己資金を用意する必要がありません。
また、古家がマイホームや相続した空き家であれば、譲渡所得税の減税特例が利用できます。
3,000万円の特別控除が利用できれば、土地売却で思わぬ利益が得られた場合も、大幅な減税が可能です。
一方で、古家付き土地は広告に出した段階の第一印象が悪くなるため、購入希望の方が現れにくいでしょう。
土地を探している方にとって、古い住宅が残っている土地よりも、きれいに整備された更地のほうが、魅力的に感じるからです。
また売主が解体費用を負担しなければならないところも、敬遠される理由になります。
そのため、古家付き土地を売却する場合、売却金額から解体費用を値引きする必要があります。
あらかじめ相場より安い金額を提示していても、解体費用の負担や、さらなる値下げを持ちかけられる可能性もあるでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

古家付きのまま土地を売却すれば、売却にかかる手間や費用が抑えられます。
古家付き土地は更地と比較して売却が難航するケースが多く、不動産の立地やかけられる時間などから、解体を検討してみることをおすすめします。
私たち「株式会社スリーアール」では、代表者自らが1件1件責任を持って対応いたします。
札幌市周辺で相続や不動産売却について気になる点がございましたら、まずはご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0116002060

営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

野村龍平の画像

野村龍平

資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続診断士・保険募集人(火災・少額短期)

2003年より不動産業一本でやってまいりました、長年培った知識と経験をお客様の不動産取引において必ずお役にたてるものと自負しております。小さな質問も気軽にご相談ください。
代表者である野村がしっかりと責任を持って自らお客様の案件を対応させていただきます。

野村龍平が書いた記事

関連記事

不動産売却コラム

収益不動産管理コラム

売却査定

お問い合わせ